wordpressのテンプレートでよく使う条件分岐をメモ。

なんか、wordpressでテンプレートを作るたびに、条件分岐のタグを調べている自分がいたので、次から調べなくてもいいように、よく使いそうなものをまとめておきます。

書式

<?php if (is_page('contact')) {?>
    内容
<?php } ?>

通常はテンプレート内で、上記のようにif文の判定に使います。

条件分岐一覧

is_front_page()トップページかどうか。
is_home()投稿ページ(固定ページを設定していなければトップページ)かどうか。
is_single()個別記事かどうか。カッコにID、タイトル、スラッグを入れて判定できる。
is_page()ページかどうか。カッコにID、タイトル、スラッグを入れて判定できる。
is_singular()個別記事でもページでも。
is_page_template()ページにテンプレートを設定してるか。カッコにファイル名を入れて判定できる。
is_archive()アーカイブページかどうか。
is_date() 日付アーカイブページかどうか。
is_category()カテゴリアーカイブページかどうか。カッコにカテゴリID、カテゴリ名、スラッグを入れて判定できる。
in_category()カッコにカテゴリIDを入れて、表示中の記事がそのカテゴリに属しているか判定できる。
is_tag()タグアーカイブページかどうか。カッコにスラッグを入れて判定できる。
has_tag()カッコにスラッグを入れてループ内にそのタグの付いた記事があるか判定できる。

このページをブックマークしておけば、こんな記事は書かなくても良かったよね。