MODxのテンプレート変数ウィジェット【HTML Generic Tag】についてのアバウトな説明。

MODxでテンプレート変数を作成する際に、ウィジェットっていうのがあるけれど、これについて解説しているサイトが少なすぎて、 結局自分でいろいろと試しながら、自分の理解が正しいかは不明確なまま、使用するしかないんです(デム!)。

入力された値を、自由にマークアップできる!

ウィジェットを「HTML Generic Tag」に設定したテンプレート変数は、入力値をHTMLタグでマークアップした状態で出力されます。ようするに、

<div>[*変数名*]</div>

なんていう記述をしたいとき、このウィジェットで指定しておけば、

[*変数名*]

だけで、済むってわけです。メリットは、テンプレート変数に何も入力しなければ、ウェジェットで設定したHTMLのタグも、同じく表示されないということです。そりゃ便利です。

パラメータについて

実際にはこんな風に出力されます。

<Tag Name id='Tag ID' class='Class' style='Style' Attributes>入力値</Tag Name>

それぞれ説明すると

Tag Name(例:div,h2,strongなどなど)
ここで指定したHTMLタグで入力値をマークアップします。
Tag ID
上記HTMLタグに、ここで指定した名前のID属性がつきます。
Class
上記HTMLタグに、ここで指定した名前のCLASS属性がつきます。
Style(例:font-size:1.2em;)
上記HTMLタグに、ここで指定したスタイルがつきます。
Attributes(例:type=’hidden’)
上記HTMLタグに、好きなもの何でも書けます。

だが、断る!

正直な話、これを使わなければならないようなサイトを、作る予定がないので、いまいち理解が深められません。