GoogleSitemapを作成するMODxスニペット「sitemap」のインストールから基本的な使い方を紹介。

GoogleSitemapを手動で作るなんて、かなり面倒です。CMSなんだから、sitemapくらいは自動で作ってもらわないと!

ダウンロード

公式サイト内sitemapの紹介ページより、スニペットコードをダウンロード!なにやら説明のページに詳しいことが書かれているようですので、エキサイト翻訳の出番です。

スニペット作成

新規にスニペットを作成。ダウンロードしたテキストファイルの中身をそのままスニペットコードにコピー!スニペット名は「SiteMap」にしておきましょう。で、保存!

新規ドキュメント作成

通常、sitemap.xmlは、サイトのルートフォルダにおく必要があります。MODxの場合は、ルートの階層に新規ドキュメントを作成します。使用テンプレートを「(blank)」に。ドキュメントエイリアスを「sitemap.xml」に(フレンドリーURLをオンにしてね)。んで、コンテンツタイプを「text/xml」に。リッチエディタのチェックを外し、最後に内容欄に

[!SiteMap? &format=`sp`!]

と記述して保存!「http://ドメイン/sitemap.xml」にアクセスして動作確認しましょう。

いらないページをsitemapから除外

いらないページを除外する方法は2種類。特定のテンプレートを使用するページを除外する。もしくは、特定のテンプレート変数で判定する。です。 これらは、スニペットを呼び出す際のパラメータで指定します。ウェブリンクを除外することも可能です。 MODxは、CSSやJavascriptなど、サイトマップとは関係のないものをドキュメントとして作成する機会が多いので、ありがたい機能です。

特定のテンプレートのページを除外する。

特定のテンプレートを使用しているドキュメントをサイトマップから除外する場合には、「excludeTemplates」を使用します。複数のテンプレートを除外対象にしたい場合は、カンマ区切りで記述します。

[!SiteMap? &format=`sp` &excludeTemplates=`blank`!]

テンプレート変数で除外する。

テンプレート変数をフラグとして利用し、サイトマップから除外する場合は、「excludeTV」を使用します。 下の例では、「sitemap_exclude」というテンプレート変数が1のドキュメントを、サイトマップから除外します。 同じテンプレートを使用しているドキュメントの中でも、サイトマップに入れたいドキュメントといらないドキュメントが混在している場合は、 こちらの設定を使うことになるでしょう。

[!SiteMap? &format=`sp` &excludeTV=`sitemap_exclude`!]

ウェブリンクを除外する。

(バージョン1.0.6以降で設定可能)ウェブリンクのページは、外部のサイトへのリダイレクトだったり、既存のページへのリダイレクトだったりするので、 ウェブリンクのページがサイトマップに含まれるのは好ましくありません。特に理由がない場合は、除外しておくほうが良いと思います。

[!SiteMap? &excludeWeblinks=`1` !]

ドキュメントの優先順位

特定のテンプレート変数を使用して、ドキュメントの優先順位を指定できます。例えば「sitemap_priority」というテンプレート変数を作成します。入力タイプを「DropDown ListMenu」にして、入力時のオプション値を

0||0.1||0.2||0.3||0.4||0.5||0.6||0.7||0.8||0.9||1.0
とします。規定値は「0.5」にしておきましょう。これで、優先順位を指定するテンプレート変数ができました。あとはスニペットを呼び出すときに優先順位を指定するテンプレート変数を指定します。
[!SiteMap? &format=`sp` &priority=`sitemap_priority`!]

ドキュメントの変更頻度

時間がないのでまた今度!説明のページを自分で訳しながら見てね!

ドキュメントのパスを完全にする

フレンドリーURLを設定していると、XMLドキュメントのURLが「【ドキュメントエイリアス】.html」になっていることに違和感を感じるはずです。 このままでも動作に問題はありませんが、いい気分ではありません。そこで登場するのが、「SEO Strict URLs」プラグインです。

しかしこのプラグイン、入れるのが、少々手間です。詳しい解説がLet’s enjoy MODxさんのサイトの 「MODxリソース解説 SEO Strict URLs 1.0.1」のページに記載されています。 フレンドリーURLを使用する場合は、理由がない限り、必ず入れておきたいプラグインです。